レコーディングしている女性

声優を目指す

ポーズをとる女性

 国民的なアニメや、子供たちにも大人気なアニメなど様々な声を担当しているのはみなこの声優という仕事の人たちです。 声優になるのは簡単ではなく表現力や演技力が必要となってきます。 アニメ以外にも絵本についている音声や童話などのビデオ、学校の教科書にのっている朗読CDも声優が担当していることが多いです。 現代に比べて昔は、映像もすこしぶれていたり声も1人3役といったハードな仕事が頼まれることがほとんどでした。 これはまだ声優という仕事が世間の方々に認知されておらず、1人の仕事量がすごく多かったのです。 この時代の人たちは大御所声優とまで言われるようになりました。 現代では人手不足に悩まされることはなく、人がすごく増えています。

 昔のこの声優の仕事は、限られた人たちが1人3役などを担当してなんとか声の割り振りが出ていました。 しかし、現代ではこの仕事の募集がとても大人気な物となり、またオタク文化といわれる二次元をこよなく愛す人々の力もあり、この仕事になりたいという若者が増えてきています。 募集かかると多くの養成所の若者が、チャンスとばかりにその募集に乗っかります。 この声優の募集というのは、一般にある募集とは違いオーディションという形をとっています。 このオーディションというのは、実際に声の録音現場に出て、オーディションに来た人たちに実際に演じるキャラを軽く演じてもらい、そのキャラに合っている声なのか審査します。 そして合格するとお仕事がもらえるようになっています。 これからも声優希望の若者が増えると思います。